生理とレーザー脱毛の関係

生理とレーザー脱毛の関係

レーザー脱毛はレーザーを当てるだけで脱毛できる簡単な方法です。
もちろん事前にシェービングが必要などのある一定の準備は必要ですが、以前の電気脱毛に比べると格段に手間が減り、痛みも激減、お手軽な脱毛法となったのです。ただ、それでも毛母細胞を熱でやっつけるという性質上、多少なりとも肌へのダメージが伴います。そのため敏感肌の方など、そもそも施術に不向きな方もいますが、そうでない普通肌の方でも時期によっては施術を避けるべき時があるのです。成人女性には妊娠、出産のための生理があります。
そのため女性には毎月生理がありますが、レーザー脱毛はこの生理の時期と生理前には受けるべきでないと言われています。

というのはホルモンの関係上、生理中や生理前には肌が敏感になると言われているからです。

生理前になるとニキビができるとか、肌がべたつくなど肌トラブルに見舞われた経験がある方が多いでしょう。

これはおそらくホルモンが原因です。

医療レーザー脱毛の情報が沢山詰まったサイトです。

普段ならレーザーを当てても問題はなくても、この時期に当てることで肌トラブルを起こす可能性は否定できません。



そのため、生理中と生理前の施術は控えるべきです。

クリニックによってはVIO以外であれば生理中でも施術をしてくれるところもあります。


ただ、その場合は完全自己責任です。



もちろん医療機関なので何かあれば治療はしてもらえますが、それが傷跡となっては大変です。


従って心配であるなら、生理中や生理前のレーザー脱毛は避けるといいでしょう。